QRコード
QRCODE
インフォメーション

2009年05月15日

不眠症の原因について

もう今や、現代病の一つと言われている不眠症ですが、
その原因は何だと思われますか?
一言で言ってしまえば「ストレス」が最も多い原因だと思います。
でも実はまだ他にも、原因になっていることがあるんです。

不眠症の原因を、大きく分けてみると、五つの原因があります。
まず、一つめは身体的要因があげられます。
これは、痛みやかゆみ、喘息、そして睡眠時無呼吸症候群も、代表的な不眠症の要因ですね。
二つめは、生理学的要因です。
環境の変化や騒音、温度や湿度が不快で、睡眠環境としてよくないということですね。
枕が変わると眠れないなんて、よくいいますよね。
でもこれは外的要因になるので、その要因を取り除くことができれば、不眠症も自ずと改善するでしょう。
(中には取り除けないということもありますが・・・。)
三つめは、心理的要因です。
ストレス、精神的ショック、生活や将来への不安などからくるものですね。
例えば仕事のストレスや、失恋、身近な人との死別のような、精神的ダメージが強い事がきっかけとなり、
不眠症になってしまうケースも、けっこうよくあります。
もしもこういった理由で、不眠が続くようなら、カウンセリングを受けた方がいいと思います。
四つめは、精神疾患による不眠です。
これは主に、うつ病や、神経症などがそうです。
このような精神医学的要因での不眠というのは、残念ながらまず自力では治せないんですね。
ですから、しかるべき病院(精神科、心療内科)へ行って、適切な治療が必要だと思います。
五つめは、薬理学的要因の不眠です。
例えば、アルコールの飲みすぎや、カフェインの摂りすぎ、タバコの吸いすぎ、降圧薬、ステロイドなどです。
いずれにしても、自分の不眠症の原因がわかった時点で、なるべく早くその原因を取り除く努力をした方がいいと思います。
まず、長期の不眠症は専門医に相談し、必要に応じて、睡眠導入剤や睡眠薬を処方してもらい、
それで眠れるのであれば、眠った方がいいですね。
不眠というのは、身体的につらいというだけでなく、精神的にものすごくイライラしたり、落ち込みやすくなったり、
怒りっぽくなったりしてしまいやすくなるのです。
ですから、不眠症解消法を自分で試してみて、それでもダメなら、速やかに病院に行ったほうがいいでしょう。
不眠症の治療は、一般的には精神科や心療内科で行っているのですが、
もしも行きづらいというときには、かかりつけ医に相談するというだけでも、精神的にかなり違います。

グッスリ朝まで熟睡できたときの爽快感と言ったら、こんなに気持ちのいいものはないですよね。
基本的には皆誰もが、その爽快感を味わえる権利はあるのです。
なので、今の現状がそうでなければ、ただ単に歯車が少し狂ってしまったというだけのことなのですから、
できるだけ早く、そういう生活が取り戻せるようにしていただきたいと思います。


同じカテゴリー(不眠症)の記事
 不眠症の時に飲む薬について (2009-05-19 23:45)
 不眠症の病院について (2009-05-18 23:57)
 不眠症対策について (2009-05-17 23:57)
 不眠症の治療法について (2009-05-16 23:57)
 不眠症について (2009-05-14 23:57)