QRコード
QRCODE
インフォメーション

  
Posted by at

2009年05月17日

不眠症対策について

一度不眠症になってしまったら、けっこう厄介ですが、
それでもまだ初期段階であれば、自分の心がけ次第で、治るケースもたくさんあります。
今回は、自分で出来る不眠症対策を、いくつかご紹介していきたいと思います。

では不眠症対策として、自分で出来るものをご紹介しましょう。
まず、朝や昼間、太陽の光をできるだけ浴びるようにすること。
体内時計がリセットされるので、なるべく、朝の光をしっかりと浴びてください。
そして、昼間にあまり興奮しすぎないようにしましょう。
過剰な運動や、過剰なスポーツ観戦などにも、少々注意が必要です。
適度な運動で体を疲れさせるということはいいのですが、あまりやりすぎてしまうと交感神経が興奮しすぎて、
なかなか静まらなくなり、不眠の原因につながってしまう恐れが出てくるからです。
それから、カフェイン、香辛料をできるだけ取らないようにするのも、意外と効果があるので、
コーヒー、紅茶、緑茶、ココアなど、不眠症の人はをあまり飲まないようにしてくださいね。
なので、水、白湯、カフェインレスなどの飲み物を、できるだけ飲むようにしてください。
あと、寝る前の冷たい飲み物は要注意です。
逆に温かい飲み物を飲むと、すんなり眠りに入りやすくなります。
それから、寝る準備を早めにしていくといいですよ。
例えば眠りたい時間の三時間前くらいから、テレビやパソコンの電源を切ります。
部屋の照明を薄暗くして、できれば間接照明かオレンジっぽい電球を使うと、よりいいと思います。
最近では、お気に入りの香りということで、アロマテラピーやお香が人気ですよね。
眠りを誘う香りにはラベンダーがいいと言われていますが、そういうのも自然に使ってみるのもいいですね。
お風呂に入るときには、38~40度くらいのぬるいお湯にゆっくりと浸かって下さい。
半身欲もいいですね。間違っても熱いお風呂には絶対に入らないでください。
お風呂上りには、ストレッチやヨガなどが効果的ですので、是非やってみてください。
そして、意識していいことだけを考えながら布団やベッドに入ります。
ゆったりと深く呼吸をするようにすると、リラックスできて、眠りやすくなってくるでしょう。
ここでもしも眠れなかったとしても、悲観的にはならないことです。
これを毎日の生活のリズムだと思って、繰り返していくと、体内時計がきっちり確立してくるので、
だんだん眠れるようになってくると思います。
それから、寝酒は熟睡の妨げになりますし、また不眠症対策にもならないので、
やらないほうがいいでしょう。

以上が、自分で出来る不眠症対策でしたが、まだまだ他にもいろんなアイデアがあるかと思います。
でもとりあえず、自然にすんなり眠れることが一番いいと思いますので、
まずは試しにやってみてください。  
タグ :不眠症対策

Posted by ross at 23:57不眠症